タイトルイメージ 本文へジャンプ
コンサルティングサービス


情報セキュリティ対策をスムーズに進めるために

セキュリティマネジメントに関するコンサルティング
情報セキュリティの基本はそのマネジメントサイクルを確立することだと言われています。しかし、ISMS認証取得組織においてすら、これを十分にこなしているところは多くはありません。むしろ、PDCAサイクルが形骸化している現実をよく目にします。また、現場を知らない情報セキュリティ実装によって、ビジネスが阻害されてることも少なくありません。マネジメントサイクルはルーティンワークではなく、イノベーションです。常に新たな課題を探し出し、解決していく、そんなセキュリティマネジメントを確立していくお手伝いをいたします。
画一的なベストプラクティス実装にこだわらず、段階的にマネジメントの成熟度を上げていく取り組みをしてみませんか。

リスク評価と技術的対策に関するコンサルティング
日進月歩のIT技術の恩恵を受けるのは利用者ばかりではありません。サイバー攻撃を行う側の技術もまたIT進化の恩恵を受けています。常に最新の脅威に対抗していくには、売られている製品を導入するだけでは不十分です。本当に使いこなせる対策を導入して、きちんと管理・運用していかなければ、高価な製品は宝の持ち腐れ同然。

セキュリティ対策に「銀の弾丸」はないのです。どんな対策も、限界はあります。この限界を見極め、残ったリスクを正しく評価して、対応を考えていくことが必要です。アルテア・セキュリティ・コンサルティングは、最新の脅威とビジネス効率を見据えた総合的なリスク評価に基づく対策導入、運用を支援します。

セキュリティ教育とインシデント対応体制に関するコンサルティング
昨今の脅威は最初に人間の弱みを突いて、侵入のための情報を入手すると言われています。ITユーザの教育は、以前にもまして重要になっていますが、一方で、IT知識の少ないユーザが自ら行える対応は限られます。まず、利用者のリテラシーを評価し、その上で様々な脅威に対する利用者の認識を高める取り組みを行います。しかし、利用者に出来る以上のことを望んではいけません。直面している問題が、利用者自身の範囲を超えているかどうかを正しく認知してもらい、範囲を超えた問題はただちに、しかるべきルートでエスカレーションされるような教育が必要です。また、そのようなエスカレーションを受け、問題切り分けや初期対応を行う要員の育成も必要です。

アルテア・セキュリティ・コンサルティングは、利用者教育とIT部門のユーザサポートやインシデント対応体制の構築、担当者の教育まで、幅広くお手伝いいたします。